バイアグラ、レビトラ、シアリスは通販がお得
ホーム>病院でのED治療

病院でのED治療

聴診器を持った医師

病院でのED治療はまずは診察を受けて、自分の症状をきちんと伝える事が大切です。どういった事を医師に聞かれるか等そういった不安な気持ちになる事はあるかとは思いますが、性生活まで詮索するような事までは聞かないので安心して下さい。現在かかっている疾患、服用中の薬などそういった事は聞かれます。そして恥ずかしい事もあるかも知れませんがEDの症状は包み隠す事なくお伝え下さい。症状を話す事で楽になったりする場合もあります。症状を話した上で医師の診断のもとにED治療薬を処方してもらえます。

病院での治療の流れは診断・検診をして薬をもらうというのがごく一般的な治療の流れです。主にEDの治療は投薬治療と手術と2通りあります。EDの手術は主に血管手術の事を指します。

動脈性EDの手術

代表的な手術として「狭窄」と呼ばれる手術をします。骨盤内に存在する太い血管の流れが阻害されている状態で人口的な管、または自分の静脈などで患部を回避した血液の通り道を作ったり、狭窄部を拡張する手術方法があります。

静脈性EDの手術

陰茎海綿体からの血液の流出が多い事が原因なので血液を陰茎に留めておく事が難しい状態なので若い人しか受ける事ができません。手術は深陰茎背静脈切除、陰茎脚結紮術を行い、血液の流出を少なくするといった手術です。

カルテを見ている医師

プロステーシス

プロステーシス手術はED手術の最終手段と言われています。ペニスにシリコンを埋め込み、勃起状態を実現させる手術です。この手術は受けたからと言って性的快感が増す事はありません。本人のためではなくパートナーを満足させる為の手術です。

これらが代表的なED手術を受けたからと言って確実に治るという保証はありません。また入院する事で入院費用、手術代も含めたら約80万円前後は掛かると言われています。そうなる前にEDを察知して、予防しておく事が何よりも大切です。バイアグラレビトラシアリスは持ってるだけでも精神的に安定するという作用が働きます。通販サイトで気軽に購入できるのでお守り代わりとして持っておくのもEDの治療の一環と言えるでしょう。